加齢による、髪質の変化と根本のハリ不足。

加齢による、髪質の変化と根本のハリ不足。

10代から20代にかけて、髪質には自信がありました。
ストレートのロングヘアで、前髪も耳くらいまで伸ばし、素敵なお姉さん風にしていました。

 

また、美容師さんにはカラーリングやパーマをしているわりには、髪が傷んでいないので、きちんとケアされていますね、とよく褒められていましたが、実際は、ドライヤーなどは使わずタオルドライのみで、傷みにくい髪質だったんだと思います。

 

それが、30代に入って、子供を産んだあたりから、髪質が変わってきました。以前のこしのあるサラサラヘアが、毛質が太くなったのか、白髪のような髪質に変化してきたような気がします。
またそれに対して、根本の立ちあがり力が落ちてきたのか、前髪がふわっと立ち上がらなくなり、ぺたんとするようになってきました。

 

まず試したのが、シャンプーをお高いものに変えてみました。
すると使い始めは髪がまとまる気がして、良くなったような気がしたのですが、やはり前髪の立ち上がり力が弱く、セットにドライヤーとスプレーを使用してみました。これで改善されるのですが、子育てをする、35歳の専業主婦の私に朝からセットする時間はなく、最近では、前髪を短く切り、印象を変えることにしました。

 

この前髪効果は絶大なもので、見た目も若くなって、周りからも高評価です。
よって、お高いシャンプーともおさらばして、今は子供も使える中性シャンプーを愛用しています。